チェストピース: 亜鉛ダイカスト(クロームメッキ)

全長: 68cm  重量: 約200g

◆ 医療機器承認番号 11B2X00021178003

【店長から一言】
SX 178 は非常に軽量で使用感に優れております。
音響性能的にはチェストピースと耳管がステンレス製の が優れております。 日本で生まれた世界唯一のステレオ聴診器

<KENZMEDICO> Stereophonette

中央の仕切りにより左右が分割され、チューブはTwo-in-One タイプの完全独立した集音・伝音構造になっています。


従来型モノラル
ステレオフォネットによる聴診音の例
心音比較 左の写真のようにステレオ型では左右の音源を認識できます。
呼吸音 気管支音、肺胞呼吸音が広がりのある音として聴こえます。
間質性肺炎による捻髪音がよく聴こえます。
心雑音 方向性をもって空間に広がる音として聴かれますので最強点
の判別が容易になります。
人工弁音 人工弁の閉鎖音が聴き取りやすくなります。
血管音 コロトコフ音の聴診時に正確な動脈の位置がわかります。
正常心音 I 音、II 音は点発生の音ですので中央に定位した広がりの
ない音として聴こえます。

ステレオ型
縦軸:音の波の大きさ
横軸:左右の音のずれ





 ステレオフォネット SX 178 は、チェストピースが亜鉛ダイカストでできています。
 さらなる音響性能を追求される場合は、 をお勧めします。

◆弊社独自のレーザー彫刻機による は、英文だけでなく、漢字、かな、カタカナ なども
 きれいに印字できます。刻印する位置も耳管、チェストピースをご指定いただけます。
ログアウト
メニュー

【在庫あり 即納】 ケンツメディコ 聴診器 ステレオフォネットSX No.178 バーガンディ KENZMEDICO ステート:聴診器のパネシアン

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【在庫あり 即納】 ケンツメディコ 聴診器 ステレオフォネットSX No.178 バーガンディ KENZMEDICO ステート:聴診器のパネシアン

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報