*レシーバー本体(ATW-RC13J)、レシーバーユニット(ATW-RU13J)、2ピースタイプトランスミッター(ATW-T1001J)の組み合わせです。
*マイクロホン本体は付属しておりません。専用の別売マイクロホンが必要になります。

●最大10チャンネルの同時使用が可能。
●使用周波数をコーディネートするリンク接続。 リンク接続で最大5台までレシーバー本体(ATW-RC13J)を接続可能。レシーバー間の通信フレームの同期を取り、各レシーバーの送受信のタイミングを合わせ、多チャンネル運用時の安定を確保します。
●堅牢なメタルボディとコンパクトサイズなラックマウント型レシーバー。
業務用の使用にも耐えうる耐久性、かつハーフラックサイズ。
1Uにレシーバー本体(ATW-RC13J)2台を設置することができます。

●外部設置可能なレシーバーユニット(ATW-RU13J)は幅広い用途に対応。
室内の天井や壁、さらに別の部屋へ展開できるなど場所を選ばず設置可能。 レイアウトの柔軟性を高め、さらに安定した音声通信を実現します。
*レシーバーユニットに接続するLANケーブルはCat.5のストレートタイプを使用し、長さは100m以下にしてください。

●トランスミッターの受信レベルと電池残量などを一目で確認できる全面LCD搭載。
受信レベルは5ステップ、電池残量は4ステップで表示。
●かんたんセットアップ。
自動設定機能を搭載しているため、ユーザーによるチャンネル設定は不要です。
●従来機種で高い評価を得ている3つのダイバーシティ(スペース、周波数、時間)を継承し、安定した音声通信を実現しています。
●リアルタイム双方向通信で干渉周波数を自動回避。 トランスミッターとレシーバー間でリアルタイムに双方向通信を行い、干渉周波数を自動で回避。過酷な無線LAN環境下や突発的な妨害電波の発生時においてもドロップアウトを回避します。

※ほかの機器との影響について
Bluetooth 搭載機器、無線LAN・Wi-Fi を使用する機器、デジタルコードレス電話、電子レンジなど、本製品と同じ2.4GHz 帯の電波を使用する機器の影響によって音声が途切れることがあります。同様に、本製品の電波がこれらの機器に影響を与える可能性があるため、干渉し合う機 器同士は離して設置してください。





 
ログアウト
メニュー

代引不可 audio-technicaデジタル・ワイヤレスシステム10ラックマウント1CHマイクロホンワイヤレスシステム ATW-1301

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

代引不可 audio-technicaデジタル・ワイヤレスシステム10ラックマウント1CHマイクロホンワイヤレスシステム ATW-1301

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報